街・人・店 PRtree

日本のアニメーション美術の創造者「山本二三(にぞう)展」

<p>日本のアニメーション美術の創造者「山本二三(にぞう)展」 - 天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女 -</p>
<p><br />「天空の城ラピュタ」(1986年)や「⽕垂るの墓」(1988年)、「もののけ姫」(1997年)など、数々の名作アニメーション映画で美術監督を務め高い評価を得ている山本二三(やまもと にぞう)氏の原画作品展。<br />山本二三氏は、1953年五島列島の福江島生まれ。優れた技術と感性に裏打ちされた美術の仕事で、日本を代表する文化として認知されているアニメーションの世界をけん引してきた影の立役者のひとりです。<br />アニメーションにおける美術の仕事は、作品と調和し、キャラクターの物語を背後で支えるものです。入念な取材と構想、作家の手描きによる精密な描写の名作アニメーション映画などの背景原画およそ230点をご覧いただきます。</p><div class="thumnail post_thumb"><a href=""><h3 class="sitetitle"></h3><p class="description"></p></a></div> ()
 

日本のアニメーション美術の創造者「山本二三(にぞう)展」 - 天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女 -



「天空の城ラピュタ」(1986年)や「⽕垂るの墓」(1988年)、「もののけ姫」(1997年)など、数々の名作アニメーション映画で美術監督を務め高い評価を得ている山本二三(やまもと にぞう)氏の原画作品展。
山本二三氏は、1953年五島列島の福江島生まれ。優れた技術と感性に裏打ちされた美術の仕事で、日本を代表する文化として認知されているアニメーションの世界をけん引してきた影の立役者のひとりです。
アニメーションにおける美術の仕事は、作品と調和し、キャラクターの物語を背後で支えるものです。入念な取材と構想、作家の手描きによる精密な描写の名作アニメーション映画などの背景原画およそ230点をご覧いただきます。

【関連リンク】
「山本二三(にぞう)展」
 

あなたにおすすめの地域ニュース